体験記

【シェアサイクル】KUROAD(クロード)は身長151cmでも乗れました!【スポーツタイプ】

【シェアサイクル】KUROAD(クロード)は身長151cmでも乗れました!【スポーツタイプ】

観光地以外でもシェアサイクル広がってきましたよね。

今回、シェアサイクルでは他にないスポーツタイプのあるということなので乗ってみました!

スポーツタイプの自転車に乗ったことないけど乗ってみたい!という方には、ピッタリではないでしょうか。

 

KUROADって?

スポーツタイプの電動自転車です。

ボディが真っ黒で、パっと見レンタルのものっぽくなくてかっこいい!

 

どこで?どうやって利用するの?

現在(2022年10月時点)、江ノ島・湘南エリアで借りることができます。

 

利用するには、まず「HELLO CYCLING」のアプリをダウンロードにて会員登録をしましょう!

料金は30分300円。延長15分150円。12時間2,000円。

アプリ内の地図にステーション(自転車が貸出返却できるところ)が表示されるので、希望のステーションをタップして予約します。

あとはステーションに行って、ロックを解除すればOK!

KUROADは専用のステーションがあるので、別の場所に返却しないよう注意しましょう。

サドルの調整等は公式HPに記載があるのでご覧ください。(丸投げかい)

こちらにはKUROADのスペックが記載されています↓

 

乗った感想

スポーツタイプの自転車って、スピード出ていいなぁと思ってはいたけど、ママチャリみたいな乗り降りできないじゃないですか。

なだぎ武さん扮するディランみたいに、足を高く上げないとですよね。

私の足の長さではゴニョゴニョ…できないかもゴニョゴニョ…

でも結果、身長151cmでもサドルを1番低くしたら、またがった状態でも

地面につま先ついたし何とか足上げて乗り降りもできました。

足だけを上げるというより、上半身も傾けることで何とか。笑

 

あとスポーツタイプの自転車のイメージと言えば、タイヤが細いこと。

ちょっとした段差で転倒してしまう可能性があります。

KUROADの場合は、タイヤの太さもあり電動なこともあるのか重みもあったのでふらついたりすることはありませんでした。

 

ハンドルにディスプレイが付いていて、今こいでるスピードは何キロか表示されます。

スピード出してなかったのであんまり気にしていなかったけど、超ゆっくりこいでるときに見たら9kmでした。

ギアチェンジもできるので坂も楽ちん。

誰もいない1本道でガシガシこいでみたい…!

 

そして、私は普段スポーツタイプの自転車に乗らないので、前傾姿勢に慣れてなくて結構疲れました。

でもこの姿勢が颯爽とこいでる感があってちょっと楽しい。笑

 

とにもかくにもお尻が痛い。

サドルは硬めでした。ふかふかのカバーとかないんだろうか…

 

…という感想でした。

また乗りたいか?と聞かれたら、YESです!

お尻痛いのを置いといたら楽しかったし、歩くのもいいけど江ノ島から鎌倉までスイスイ~っと行けちゃうのが行動範囲広がっていいなぁと。

湘南~江ノ島~鎌倉は人も車通りも多いので、スピードの出しすぎはご注意を!逆走NGです!